トレンド

冬を10倍快適にすごすための裏ワザ5つ

こんにちは、学生時代冬に走りすぎて体から湯気が出ていたソラです。

突然ですが、この記事を見ているあなたは冬がお好きですか?

冬を快適に過ごせたら楽しいとは思いませんか?

今回の記事では寒い冬を快適に過ごすための裏ワザをご紹介していきます。

  • 静電気の対処法
  • 風邪予防のためにできること
  • 部屋が寒いときの裏ワザ
  • カイロの正しい貼り方
  • 滑る地面を歩くには

より良い冬を過ごすために、できることはやっちゃいましょう!

【冬の裏ワザ】イライラする静電気の対処法

いきなり襲ってくる静電気は痛いしイライラしてきますよね。

そんな静電気も裏ワザによって、100%無くなるわけではありませんが、予防することができます。

静電気の原因は以下にあります。

  • 乾燥
  • 湿度

静電気を対処するためには原因を改善すれば起こるものも起こらなくなってきます。

また冬は夏よりも湿度が高いため静電気が起こりやすくなっています。

イライラする静電気を予防し、快適な冬をすごしましょう!

ハンドクリームを塗る

乾燥させないためには、ハンドクリームを塗ることが1番効果的になってきます。

ハンドクリームを塗った手で髪や衣類に触れると、静電気が起こりにくくなるともいわれています。

しかし、正しい使い方やちゃんとした効能が含まれている商品を使わないと静電気は発生してしまうので気をつけましょう。

ハンドクリームの正しい使い方

ただ単にハンドクリームを手に塗るのはダメですよ?

効果的な使い方もあるので、この際しっかりと覚えときましょう!

  • 塗る前に手の水分をできるだけとる
  • ハンドクリームを手のひらにだし、両手で包み込み温める

普段通りに塗っていては最大限の効果を発揮できないので、はじめに手の水分をとり、ハンドクリームを手のひらに出したらすこし温めるとよいでしょう。

若干めんどくさい人もいるかも知れませんが、このひと手間がハンドクリームの効果を引き出してくれます。

浸透力がアップしちゃいます。

おすすめのハンドクリーム

静電気に効果的+手荒れにおすすめのハンドクリームのポイントは以下の3つになります。

  • 尿素配合
  • ビタミン系
  • 保湿系ハンドクリーム

プロも愛用するハンドクリーム2つを厳選してご紹介していきますので、静電気が気になる方や、手荒れがひどい方は自分にあったハンドクリームを見つけてみてください。

kimeTE(キメテ)




この商品は年齢と共に目立つ小じわやいつのまにかできている茶色いしみなどにお悩みしている方におすすめです。

しっかりと保湿効果も期待できるので静電気もこわくありません。

プロも愛用している「kimeTE(キメテ)」は90日間のコースが初回限定1,480円になっており、送料無料で返金保障もついてきます。

静電気のためではなく、本来の手のケアとしても使えるのでおすすめの商品になっています。

 

【冬の裏ワザ】風邪を予防するには

風邪をひかないために手洗いうがいは当たり前のことですが、他の方法でも風邪をひかないようにすることもできます。

強くて健康的な体にして、元気の良い生活を送っちゃいましょう。

よく寝る

当たり前のことですが、よく寝ることが風邪をひかないための1つの方法になってきます。

規則正しい生活を心がけましょう。

生活リズムが崩れてしまうと風邪を引きやすくなってしまいます。

栄養の良い食事

しっかりと1日3食たべる生活を送りましょう。

特に白い野菜はおススメです。

のどの乾燥を和らげてくれる効果があるので、大根やたまねぎといった野菜。

また、イカやホタテなどの魚介類、肉は鶏肉。

カサカサ肌にも効果的なので白い食べ物を定期的に摂取しましょう。

環境だって大事

毎日のように冷房や暖房をつけて生活をしていませんか?

それだと外出した時、温度の変化に体が対応できず風邪を引いてしまうことがあります。

なので、できるだけ抵抗力をあげて、強靭な体を作りましょう。

【冬の裏ワザ】部屋が寒い時の対処法

部屋が寒くてすぐに暖房をつけてしまうかたも多いと思いのではないでしょうか。

しかし、それでは電気代もかかりますし、乾燥だってしちゃいます

電気代がかけなくてすむ部屋を温かくする方法をお伝えします。

窓にプチプチをはる

みなさんご存知のつぶしてストレス解消になる、梱包なんかをするためのあのぷちぷちです。

窓にぷちぷちを貼るだけで部屋にいるときの体感温度がまったく違います!

100均などで簡単に手に入れることができるのでぜひ試してほしい方法ですね。

濡らしたタオルを部屋に干す

濡らしたタオルを部屋に干すことにより、湿度を上げ体感温度をあげることによりいつもより寒さを感じることがすくなくなります。

加湿器があれば楽ですが、加湿器がないおうちもあると思いますので、簡単に湿度を上げる方法は部屋にタオルを干すことです。

厚手のカーテンにする

カーテンの厚さが薄いものを使っているとそれだけで部屋が寒いと感じてしまう人も多いみたいです。

お金はかかるかもしれませんが、夏用と冬用のカーテンを買っておき、季節にあった対策をするのも環境を良くするためのおすすめのポイントです。

カーテンと地面の間に隙間がある人は早めに買い換えましょう(笑)

それではただただ寒いだけです。

【冬の裏ワザ】地面が滑ってこけそうな人たちへ

雪が降る冬には地面が凍ってしまい滑って転ぶ人が続出しちゃいます。

すこしのコツや対処法を知ることで転ぶことはなくなり、恥ずかしい思いや、最悪の場合ケガをすることもなくなります。

安全第一なので転ばないための知識を頭に入れておきましょう。

歩幅を小さくする

歩幅を大きくして歩くと重心移動がおおきくなり転びやすくなってしまいます。

なるべく転びやすいところでは、歩幅を小さくして歩くことを心がけましょう。

足の裏全体をつけて歩く

雪の上や凍ってる地面の上ではなるべく足の裏全体をつけて歩くとあまり滑らず転ぶことがすくなくなります。

お相撲さんのすり足のようなイメージで歩くことが大事。

つまづき防止のために、少し足を浮かせることも重要なのでそこだけ気をつけましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

知っておくだけで得する裏ワザこの世の中にはたくさん存在しています。

対策をするだけで、冬を快適に過ごすことができるので、この記事で紹介した裏ワザが気になった方はお試ししてみてください。

そのほかにも冬に試したくなる小技が自慢せずにはいられないでもお得な情報を載せているのでご覧ください。

それではこのへんで。

ABOUT ME
ソラ
アフィリエイトやアニメ、トレンドを中心に紹介しているブログです。